本文へ移動

看護職の働き方改革への取り組み

 当協会では、日本看護協会と連携し、医療機関、福祉施設等の看護職が、生き生きと働き続けられる環境づくりを支援する取り組みを行っています。
 各施設がWLBインデックス調査に参加し、ワークショップ、フォローアップワークショップをとおして、調査結果を集分析、課題の明確化、改善策立案、実施、評価に取り組めるよう、WLB推進委員を中心に支援体制を構築しています。
 平成22年度から平成30年度までにのべ30施設が参加しており、取り組みの成果が見られています。

「就業継続が可能な看護職の働き方の提案」に向けた取り組み

  看護職が生涯を通じて安心して働き続けられる職場づくりの推進
 看護職のWLB推進事業(2010年~2019年)
 
      ▼
      ▼
  安全で健康に働き続けられる働き方
 看護職の夜勤・交替勤務に関するガイドライン(2013年)
 
      ▼
      ▼
 
 安全で健康に働き続けられる働き方
 看護職の健康と安全に配慮した労働安全衛生ガイドライン(2018年)
 
      ▼
      ▼
 
 看護職の働き方改革の推進
 就業継続が可能な看護職の働き方の提案(2021年)
 
        日本看護協会サイト
TOPへ戻る