本文へ移動

県民の皆様へ

県民の皆様へ

 高知県看護協会は、県内に在住する保健師・助産師・看護師・准看護師約6,000名余で構成され、本会の目的に賛同して入会された看護職の職能団体です。
 ますます高齢化が進む中で、看護職は、「誰もが住み慣れた地域で継続して生活を可能にする」ことを支援するために、非常に重要な役割を担っています。
 そのため、看護の質を向上させるための教育・研修事業、看護職の確保・定着に関する事業、災害発生に対応できる看護人材の育成等、さまざまな活動を行っています。
 また、各地区支部では地域のニーズに応じて、まちの保健室活動、災害時救護訓練等地域活動へ積極的に参画するなど、県民の皆様が、安心して生活できるよう努めてまいります。
県民の皆様、関係各位の皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。
 

看護の日

●「看護の日」制定の趣旨
 21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要です。
 こうした心を、老若男女問わず誰もが育むきっかけとなるよう、旧厚生省により「看護の日」が1990年に制定されました。市民・有識者による「看護の日の制定を願う会」の運動がきっかけでした。
 近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、毎年5月12日の「看護の日」にあわせ記念行事を実施しています。
 身長・体重・血圧測定、骨密度測定、脳年齢測定、白衣試着コーナー、妊産婦・育児相談コーナー、地域・住宅看護相談等、保健師・助産師・看護師が無料で対応させていただいております。
ぜひ、ご利用なさってみてください。

こうちこども救急電話相談

「こどもの具合が急に悪くなったけど、医療機関を受診したほうがいいの?」と迷った時にべテラン看護師が電話で相談にお応えします。 365 日 、午後8時から翌 日午前1時まで。
# 8 0 0 0 または ( 0 8 8 )ー8 7 3ー3 0 9 0へおかけ下さい。
※この相談は医療行為ではなく、あくまでもアドバイスなので、その点あらかじめご了承ください。

相談窓口の設置

県民の皆様からの看護・介護に関する相談、看護職の皆様からのさまざまな相談を受け付けております。
お気軽にご利用下さい。
相談日時:毎週火曜日13 : 00 ~ 16 : 00まで
 

いのちの教育

助産師による出前研修です。
小学校・中学校・高等学校の生徒さんや先生、保護者を対象にやさしくお話をします。
《主な内容》女性の体、男性の体のしくみ妊娠の成立、新しい生命の誕生性感染症・避妊など性情報の対応等自分を大切にし、人を大切にする心を育て、生と性を知り、いのちの大切さを伝えます。
(お申込み先) FAX : 088-844ー0053 高知県看護協会内 ※「いのちの教育」依頼書にてお申込み下さい。
 

「いのちの教育」依頼書はこちらをダウンロードしてください

TOPへ戻る